シャンプーをオリジナル製造する時の費用や材料

敏感肌の人は使用できるシャンプーが限られてきます。そんな時に、自然由来の成分を使った、オリジナル製造をすると良いです。また、趣味でオリジナル製造をするのも楽しいものです。自分だけのものが作れるので特別感があります。材料は色々と組み合わせることができます。一番シンプルなものでは、お湯と重曹を混ぜただけのものがあります。これなら費用が数百円で作ることができます。これは、古くから日本で使われていたので安全性のたかいものです。セットでお酢のコンディショナーを使用します。りんご酢を使えば、お酢の匂いもマイルドになります。これらを使って、短時間で頭皮と髪をすっきり洗うことができるのです。この他にも精油を使ったものがあります。精油の種類は豊富にあるので、自分に合ったものを作ることができます。

色々な精油を使ったオリジナル製造

髪のフケやかゆみが気になる際には、ティーツリーオイルを重曹のシャンプーに混ぜると改善の効果が期待できます。作り方は簡単です。コップ一杯のお湯に重曹を入れて混ぜ合わせます。ここにティーツリーの精油を少量加えます。お酢はコンディショナーのかわりです。重曹水で洗うと、非常にきしむので、お酢のコンディショナーは必須です。別の容器にカップ一杯の水とりんご酢を入れて混ぜ合わせるだけです。精油の値段は少々高いですが、量はさほど使わないので経済的です。他にも、脱毛を防ぐローズマリーや、リラックス効果のあるラベンダーを使ってみるのも良いものです。精油の値段はピンからキリまであります。種類がたくさんあるので、気分によって使い分けてみたり、楽しく使用することができます。

短時間で作れるお手軽シャンプー

もっと簡単に作ることができるものがあります。それは、粉末の薬用炭を使ったものです。植物性のシャンプーに、薬用炭を混ぜるだけです。炭というのは万能で、昔から生活の中で使われています。炭は汚れや余分な頭皮脂を取り除いてくれます。すると、栄養や酸素が行き渡り、髪にコシが出てきます。そして、艶のある髪になっていきます。ハチミツを使ったものは、より簡単に作ることができます。ぬるま湯に、生のハチミツを入れて混ぜるだけで完成です。これを頭皮に多めにつけて、時間をかけて丁寧にマッサージします。すすぎはしっかりと行います。しっとりとした使い心地で、頭皮と髪のデトックス効果があります。塩で髪を洗うのも値段が安価で済みます。温度が少し高めのお湯を使うのがコツです。