オリジナルシャンプー製造の注意点

最近は、OEM業者とタイアップして美容室などで自社ブランドのオリジナルシャンプーを製造して、お客様に販売することが多くなっています。そこで、OEMを使うことのメリットとデメリットを比較検討して、オリジナルシャンプーがなぜ顧客のニーズにあって売り上げが好調なのか。美容院はなんのために自社ブランド製品が欲しいのか。これらのことを踏まえて、オリジナルシャンプー製造の注意点を検討してみます。背景には、OEM製品を製造する工場にあります。例えば、化粧品の業界では少ロットで売れ筋商品を探すために積極的にOEMを取り入れています。化粧品の種類が増えれば増えるほどOEM工場の存在はメーカーにとって貴重なものとなります。OEM業者は、行政に対して製品に関する許可もとっていますからすぐに製造ができるメリットがあります。

OEMシャンプーのメリットとは

OEMで発注するメリットは、気軽に低予算で商品が作れることです。そのため初期費用があまりかかりません。また、依頼者としては売れるかどうかわからない不安があります。お試しで利用することができます。完成度についての不安もあります。自分でつくるより使用を伝えてつくってもらった方が完成度は高くなります。試作品を作ってみたい。正式発注に至るまで、何回もサンプルを作ります。お客様のニーズを美容サロンで試してから正式発注して納品という段取りを踏むことができます。委託者のブランド名で製品ができますから、宣伝効果がでます。特に、美容院のようなリピーターを獲得することが売り上げに反映する業界においてのメリットは非常に大きくなります。依頼者と受託者双方に共通なメリットとしては、製品投入のタイミングを逃すことなく売り上げに結びつけられることです。

OEM製品を使うことによる注意点

OEM製品は、あくまで委託者がそのサロンにあった製品を世に出すために業者と共同制作するものです。だから作りたい製品のコンセプトは決まっているはずです。この点を忘れて、委託者がつくりたいイメージを伝えないと、汎用品の製品にラベルを張り替えただけという商品が出来上がってしまいます。OEMを利用するのは、お客様のニーズに合わせるためです。そこを間違えて、受託者の業者が、メーカーから依頼されている商品を詰めて、ラベルだけブランド品と販売することになります。最近のお客様は品質に非常に敏感になっています。オリジナルな製品だから販売できるのです。メーカーの製品と変わらなければ誰もわざわざ購入することはありません。くれぐれもOEM商品を望むのであれば開発の努力とコンセプトをはっきり決めてからにしましょう。特に、肌が弱いお客様は素材の配合内容を確認しますからごまかしはききません。